会費制の場合のご祝儀はどうでしょう

最近では、披露宴や結婚式を会費制にするカップルも多くなっています。

レストランウェディングなどで、披露宴のような着席タイプではなく、

立食パーティーなど少しカジュアルなものにしたい場合などに会費制として案内がくると、

ご祝儀の金額はどうすればいいのかなと迷ってしまいますね。

そのような会費制の場合、平服でと書かれていることも多いと思います。

この会費制というのは地域でそのようにしているところもありますが、

この会費制という考え方はご祝儀の金額を差し引いた食事代などのみを払ってくださいという考え方です。

披露宴などで実質かかるのは披露宴での食事代や引き出物代などとして考えるので、

実質的なご祝儀の金額は5000円から10000円ぐらいになるといわれています。

通常はそれにお祝いの気持ちのご祝儀をプラスした金額として30,000円ぐらいを包みます。

会費制の場合は実質かかる金額のみ支払うのです。

ですから、当日受付で祝儀袋にいれずに払う形になります。

祝儀袋ではありませんが、ご祝儀として渡すのでできれば新札のほうが気持ちがいいと思います。

会費制の場合、親しい人の場合は会費とは別にご祝儀の金額を包んで渡したり、

品物をプレゼントするという形も多く取られています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ