サプリメントについて。

サプリメントとはアメリカの「ダイエタリー・サプリメント」を日本語に訳したものでサプリと略して使われることもあります。

日常生活や食生活で不足しがちなビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養を補給する目的の食品です。

日本では1990年代に一般的に広く知られるようになり、多くのサプリメントが製造販売されるようになりました。

健康食品とされています。

また、健康意識が高まったこともあり、若い人がおしゃれに飲むだけでなく中高年向けの健康維持サプリメントか多くなってきました。

ただ、どうしてもネット販売やマルチ商法などのイメージが強く、悪いイメージがあるのも事実です。

ただ、製造販売会社も医薬品メーカーやサントリーなどの食品会社などが参入してきたこともありイメージが回復されつつあります。

サプリメント先進国のアメリカでは医療費が高いため、健康に関する意識が日本より高く、

1910年代にはビタミンがサプリメントとして販売開始されました。

でも日本同様、医薬品ではなくラベルには含有成分の表示が義務付けられています。

サプリメントは作り方で大きく3つに分けられます。

①化学合成サプリメント、②天然素材を利用し化学合成したサプリメントは成分表としてパッケージに書かれているものだけ含まれています。

③天然の成分を抽出したサプリメントは天然成分であるフラボノイドなども含むものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ