インプラントのデメリット

インプラントは「第3の歯」として美しくきれいに仕上がるため人気です。またつけ心地もいいので治療法として広まってきています。ただし、デメリットもあります。1つめは「治療期間が長い」ということです。チタンで作られたねじのような形のインプラント(人工歯根)をあごの骨などに穴を開けてまず埋め込みます。このとき骨とインプラントの間に隙間ができるので、自然に修復してくっつくまでに期間がかかります。下あごの場合は約3ヶ月、上あごの場合は約6ヶ月ぐらいです。この固定時間は人により異なり、検査と診断をしながら判断していくので長期治療です。固定が確認されてから人工歯冠をとりつけます。ですから治療期間は平均すると4~8ヶ月ぐらいになります。ただし、この期間も1日で行なえるというものも可能になってきました。2つめは「だれでもインプラントができるわけではない」ということです。持病がある場合や妊婦など程度や状態によって危険があると診断された場合はインプラントができない場合もあります。糖尿病、腎不全、肝炎、心臓病、ぜんそく、リウマチ、骨粗しょう症、高血圧の持病がある人や既往症がある場合は事前に医師と相談しましょう。最後に「治療費が高い」こともデメリットです。健康保険がきかないので診療所によって金額はさまざま。1本30~50万円とか総額100万円前後とか。一生ものの歯が手に入る反面決して安くない治療費です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ