セロトニンって、よく聞きますね。

セロトニンは脳内物質です。

脳内にあるセロトニン神経から分泌される神経伝達物質で、脳の活動を調節する働きがあります。

ドーパミンやアドレナレンと同様の物質です。

ドーパミンやアドレナリンは快や不快をつかさどる働きがあります。

セロトニンはすべての動物に存在することがわかっています。

セロトニンは眠っているときはほとんど脳内にはでません。

夜暗くなると眠くなる、朝太陽の光を浴びると目が覚める、

という覚醒をつかさどっているためです。

そして体が目覚めている間中セロトニンはと作られ続けます。

だいたい一定のリズムで同じ量だけ作られていきます。

セロトニンの主な働きは「こころ」のバランスをとることです。

ストレスを感じれば受け流し、気分を切り替えようとします。

セロトニンが脳内に十分に分泌されていればいいのですが、

不足してくると怒りっぽくなったり落ち込みやすくなります。

もちろん体調がすぐれないとか、気分が落ち込むにはさまざまな原因があり、

複雑に絡み合っています。

でもセロトニンが不足していると気分が落ち込むというのは研究でわかってきたことです。

セロトニンが不足するのは精神的あるいは肉体的なストレスが一番大きいということがわかっています。

現代社会でストレスを受けずに暮らすことは難しいので、

セロトニンを増やすように意識していくことが大切になってくるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ