セロトニンと睡眠の関係

セロトニンは朝活性化させると仕事や勉強、家事などがはかどります。

よい1日のスタートがきれるでしょう。

ただ、残念なことにセロトニンは蓄積しておくことができません。

昼間デスクに座ったままだったりするとセロトニン神経はどんどん低下していきます。

さらに仕事でストレスが加わると最悪です。

そこで昼間もリズム運動などを意識する生活が必要ですが、

夜の睡眠も大切になってきます。

というのもしっかりと睡眠をとって前日の疲れをとっておかないと、

朝元気に起きることができません。

太陽の日の出とともにセロトニンが活性化し、夜はメラトニンが分泌されることで熟睡できます。

メラトニンはホルモンですが、

実はメラトニンはトリプトファン→セロトニン→メラトニンというふうに作られます。

ですからメラトニンを十分な量作るには夕方までにセロトニンを十分作っておくことが必要なのです。

メラトニンはセロトニンと逆で、目に太陽の光が入ってこなくなると作られ始めます。

目を閉じることで光を遮断すると生体時計が睡眠スイッチを押すのです。

メラトニンが十分でないと、睡眠にもなかなか入れないし睡眠の質も低下します。

すると朝の目覚めがすっきりしない、セロトニンの分泌が悪くなって午前中に活発に活動できない、

すると夜眠れなくなって・・・といったふうに悪循環になってしまいます。

睡眠時間を長くするのではなく、

その人にあった睡眠の質を高めるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ